読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:tomokazu_diary:20151113235334j:plain

足元が戻ってきた。

コンクリートにスニーカーが氾濫しても尚、コンバースは孤高。コンバース一足でニューサウスウェールズ州を闊歩した日が少し懐かしい。

適度なホールド感が足下を引き締めて、今日に向かえる朝方。

踵を踏んでもあまり怒らない、そのキャラクターは、母のように生優しい。

だけど、雨の日に履くと、当人はムッとする。彼は雨が極端に嫌いらしい。



コンバースという足元専用のコンパスでまた旅がしたいようなしたくないような。


I ★ CONVERSE.


おわり


広告を非表示にする