デカ10

8.30 特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER 完成披露上映会 ご来場誠にありがとうございました。


自分は舞台千秋楽公演の為、映画館へは行けませんでした。折角の門出に足並みが揃わず、すみませんでした。今月のキャンペーンから参加させて頂く予定です。

何卒宜しくお願い致します!!



しばらく続いたStageを終えて、今は身体の痛みと共に放心しております。flatな自分を取り戻して、また前に進んで行きたいです。

今回は、頼られるというか、自分で自分の演出をするという立ち位置で何かと苦労したかなぁという気がします。Planを練り、瞬発的な力で押し込む強引さ+balance。そして相手を動かす。とても難しかったですが、その中で伝える事の意味合い、伝えようとするEnergieの幅、、、辺りのことを少し学べた様な感じです。


プレゼンテーションと自分の選択は失敗だったのかも知れない。良かったのかも知れない。

でも敢えて、答えを見つけようとはしません。


ここまで書き綴るのは、久しぶりです。

自分なりに吐き出したかったのでしょう。きっと。


書く事はとても怖いですね。

言葉に怯えてしまった。


でもこの怖さが生きていくには不可欠な気がしています。怖さを怖さと思ってはいけない。少々の怖さを胸に抱き、懐に沈めている本当の自分の姿をしっかりとした眼差しで見つめる。そしてより見詰める。そこに映し出された世界が最も美しい。


より愛してあげたい。


ふぅ。


また少しだけ書きたくなりました。



友一

広告を非表示にする